宇宙をパーソナルイノベーションする
私たちは、「宇宙の魅力を一人一人に合わせた形で提供し、新しい価値観に気づくきっかけをつくることで、それぞれの日常を豊かにすること」を目指しています。
学際宇宙ゼミナールでは、天文学と地方創生をキーワードにした研究活動を推進しています。
田中幹人はもともとすばる望遠鏡を使って銀河考古学を研究する天文学者でしたが、天文学が宇宙の真理を追究する学問だけに止まらず、人々の生活や社会にもたらす影響や可能性についても興味を持つようになり、ふとした出会いから天文学者である僕は地方創生に取り組み始めました。
特に、フィールドワークを重視し、学校内で完結する研究ではなく、実際に現場に足を運んで、天体観測したり、現場の人々とコミュニケーションを取ったりしながら、現場だからこそ得られるデータを収集します。そのフィールドが福岡県八女市星野村です。星野村は、お茶の名産地でもありますが、それと同時に星がとても美しく見える地域で、星をキーワードに地域活性化に取り組んでおり、その一端を当ゼミが研究活動として協力しています。特に、SDGsの考えをヒントに幅広い視点で物事を捉えることで、一見天文学と関係なさそうなテーマも研究テーマとして扱います。例えば、空き家問題を解決する研究にも取り組みます。なぜなら、空き家問題の解決は、村全体の持続性や発展に繋がります。星を大切にしている星野村が活性化すれば、結果的に天文学の普及や発展にも繋がると考えます。
フィールドワークはサバイバルです。価値観が圧倒的に広がり、一人でも力強く生きていく力が付きます。毎年、星野村で学生たちと一緒に長期滞在することで、そこで得られる特別な経験や一体感、そして現地の人々とのコミュニケーションはかけがえない想い出となり人生を豊にしてくれます。
メンバー
教員
田中 幹人(Tanaka Mikito)
法政大学理工学部創生科学科 准教授
キャリアコンサルタント(国家資格)
​​​​​​​
略歴:
京都府宇治市出身。京都府立莵道高等学校を卒業後、東京都立大学理学部物理学科へ進学。その後、東京大学大学院理学系研究科天文学専攻(所属:国立天文台)で、2009年、博士(理学)を取得。株式会社リクルート 法人営業、東北大学天文学教室、同大学学際科学フロンティア研究所 助教を経て現職。趣味はアイドルのライブにいくこと。
M2
小上樹:
すばる望遠鏡Hyper Suprime-Camで撮像観測したアンドロメダ銀河ハローのデータ解析を国立天文台の研究者と協力して進める。
戸澤理紗:
福岡県八女市星野村に2年間滞在し、空き家の利活用を軸にした地方創生事業に取り組む。
M1
増尾天佑:
福岡県八女市星野村に2年間滞在し、星のソムリエっ子の資格制度を立ち上げる。
森林太郎:
すばる望遠鏡Hyper Suprime-Camのデータを使用し、連星系を考慮した矮小銀河の星形成史を導出する。
B4
市川紗妃:カウンセリング心理学@星野村
太田隼:観測的銀河考古学
小野瑞季:観測的銀河考古学
菊池美結:Dragonfly望遠鏡を使った空き家天文台計画@星野村
切通琴美:Dragonfly望遠鏡を使った空き家天文台計画@星野村
佐藤恭輔:観測的銀河考古学
過去のテーマ
修士論文
2019年度
-奥田航大:全天スカイモニターの開発と運用
-唐澤安曇:法政大学二連望遠鏡HOTATEによる突発天体検出システムの構築
-福島めぐみ:すばる望遠鏡/CIAOとKeck望遠鏡/NIRC2によるDE Tauの高解像度撮像データの解析
-堀川和希:法政大学二連望遠鏡HOTATEの観測性能の改善
-望月亮吾:法政大学二連望遠鏡HOTATE観測データアーカイブシステムの構築
卒業論文
2019年度
-池田優花:星野村住民に対する星空への関心度向上に向けたアクションリサーチ
-小上樹:アンドロメダ銀河ハローのHSCデータ解析手法の構築
-笹野美駒:星のソムリエ®資格制度が受講生にもたらす影響~星野村・星のソムリエ®講座 準ソムリエを事例に~
-髙橋あゆみ:ライフストーリーインタビュー法を用いた星と星野村住民の関係性の調査
-戸澤理紗:「星の村」活性化に向けたアクションリサーチの検討
-守角夏海:星景写真を通じた天文普及効果と地域活性化の可能性についての考察―星野村で活動する星景写真家を事例に―
2020年度
-五十嵐庸介:コロナ禍における星野村飲食店の実態調査
-加藤樹:ディープラーニングを用いた銀河の形態分類
-神尾菜月:Dragonfly 望遠鏡を用いた空き家天文台計画: 赤道儀制御と活用検討
-佐々木夏奈:星の文化館 100cm 反射望遠鏡の性能評価
-鈴木風音:Dragonfly 望遠鏡を⽤いた空き家天⽂台計画: CMOS の性能評価と活⽤検討
-増尾天佑:星のソムリエっ⼦計画〜星野村における簡易分光器を⽤いた授業検討〜
-皆川倫毅:星のソムリエっ子計画〜星野村における屈折望遠鏡を用いた授業検討〜
-宮原栞梨:Instagram における星景写真の「いいね!」数の要因分析
-森林太郎:矮小銀河の星形成史解明に向けた連星系の統計シミュレーション
就職と進学
キャリアコンサルタント(国家資格)の専門的な技能をいかして、所属学生の就職活動をサポートしています。自己分析や業界研究のサポート、エントリーシートの添削、面接練習に加えて、内定承諾時や入社前研修等でのフォローアップも可能です。また卒業後も、仕事や生活全般にわたるキャリアも支援することができます。
当ゼミには、天文学への興味は共有しつつも多様なスキルを持った学生が集まってくるためゼミ生の就職先も多様で、これまで、音楽、通信、メーカー、物流、IT、データサイエンス、教育など様々な業界に就職しています。大学時代は自分の好きな卒業研究(例えば、天文学や心理学など)をやって、仕事ではIT系のSE職に就く学生も少なくありませんし、データサイエンス系の卒業研究をやってそのままデータサイエンティストになる学生もいます。
2021年現在、IT系の求人数が多いため、IT系専門職への就職率は高めです。一般論として、学部就職する場合、就職のしやすさは、学生の専門性より、そのときの職業別求人倍率に左右される傾向があります。
一部の学生は大学院にも進学します。修士課程の2年間を利用し、星野村に長期滞在し、卒業研究をベースにした発展的なフィールドワークに取り組みます。たとえば、最高級の星空のもと天体観測に没頭することもできますし、オリジナルの天文教育普及活動を実践することもできます。また、地域おこしの主要メンバーとして村民と協働し、アクションリサーチを進めることもできます。
ゼミで輪読した教科書や論文
フィールドワークのバイブル本
フィールドワークのバイブル本
インタビューで必読書。
インタビューで必読書。
フィールドワークで必読書。
フィールドワークで必読書。
私たちがやりたいこと
私たちがやりたいこと
恒星や銀河に関する洋書。専門的な英語に慣れるために読みます。
恒星や銀河に関する洋書。専門的な英語に慣れるために読みます。
銀河考古学に関する専門書。
銀河考古学に関する専門書。
観測天文学必読
観測天文学必読
緑本の一部を天文系に絞ってまとめた本。
緑本の一部を天文系に絞ってまとめた本。
データサイエンスや銀河考古学で必読書。通称:緑本。
データサイエンスや銀河考古学で必読書。通称:緑本。
データサイエンスで最近流行っている方法論。
データサイエンスで最近流行っている方法論。
科学教育研究、教育工学会論文誌、地域活性研究などの論文誌も読んでいます。
科学教育研究、教育工学会論文誌、地域活性研究などの論文誌も読んでいます。
マイクロカウンセリング技法
マイクロカウンセリング技法
キャリアの心理学
キャリアの心理学
高齢者心理学
高齢者心理学
ゼミ配属
我々のプロジェクト発展に協力してもらえる多様な学生を募集しています。学際宇宙ゼミナールの卒業研究では、今、自分の目の前で起こっている現実社会の課題を自分で解決することを目指し、1年半で実践した成果を最終的に1つの卒業論文としてまとめます。扱える実践は、調査やデータ分析だけでなく、企画や制作物、戦略提言、パフォーマンス、ベンチャーやNPOなど、現地での社会実践も含みます。分野は天体観測だけに限らず、環境、教育、福祉、IT、データサイエンス、コミュニケーション、デザイン、観光、まちづくり、農業、伝統文化、心理、メディア、経営、DIY などなど星野村を舞台に実践できることならなんでもOKです。
ゼミ配属の選考は、成績や履修履歴ではなく、
・星野村に滞在可能な人
・ゼミプロジェクトとのマッチング
・コミュ力
など総合的に判断しています。ゼミ配属後は、学生生活最後のメイン活動として、長期にわたりゼミ活動に参加してもらうことになります。特に、星野村では、先輩や後輩との共同生活および共同研究にも取り組む必要があります。なので、研究テーマへの興味だけでなく、僕の指導方針やゼミの雰囲気なども考慮し、納得した上でゼミを選んでもらいたいと思っています。そのため、希望者とはできる限り事前にコミュニケーションをたくさん取りたいです。
※2021年度より観測的銀河考古学は、「星の村プロジェクト」と合併しました。本格的な天文学を希望される方は、星の文化館100cm反射望遠鏡を使った天体観測や、Dragonfly望遠鏡の開発制御を星野村で実践できます。
コンタクト
ゼミ訪問、就職相談、各種質問など、高校生、大学生から卒業生までお気軽にお問い合わせくださいませ!
住所:
〒184-8584 東京都小金井市梶野町3-7-2 法政大学小金井キャンパス 中央館1階 C1001
送信
Thank you!
Back to Top